注文〜制作工程|ステンドグラス窓.COM

次世代ステンドグラスは、複数のデザインガラス同士を組み合わせて作る従来のステンドグラスとは違い、1枚のガラスの上に色付きの樹脂で模様を描くことで製作されます。また、従来のステンドグラスの製法と比べ、納期が早く価格も安い点が特徴です。

「1枚のガラスに模様を描くってどういうこと?」と思われた方のため、「次世代ステンドグラス」の製作工程をご紹介します。

注文後から出荷までの流れ

お客様のご希望のデザインに合わせて弊社にてデザイン画を制作していきます。色つけ後のイメージもご用意しておりますので、完成後のイメージをしやすく、お客様に納得していただけるデザインに仕上げます。

専用のロボットを使用して特殊な塗料で描線を描いていきます。描線は機械を使用するため、ズレや失敗がなくデザイン画通りの仕上がりになります。

170℃の炉の中で描線がしっかり硬化するまで熱をかけていきます。※両面描線を指定された場合は描線加工、乾燥炉の工程を再度繰り返します。

グラインダーやブラシを用いて描線部分を磨き、描線にツヤを出します。研磨作業は、「粗磨き」をした後に「仕上磨き」と、2段階あります。研磨処理を施すことで、より立体感のある綺麗な仕上がりになります。

職人の手によって、丁寧に描線に囲まれた部分に色をのせていきます。手作業のため、細かい部分にも綺麗に色がつきます。

※色つけを行わない場合、この工程はありません

色(樹脂)を硬化させるため、もう一度炉に入れてガラスを熱します。

ステンド完成後は製品検査を行い梱包、出荷を行います。割れない丁寧な梱包でお客様の元にお届けいたします。

「次世代ステンドグラス」についてお気軽にご連絡ください!

「次世代ステンドグラス」は、自由度の高いデザインと低価格・短納期が特徴のステンドです。フルオーダーで自分だけのステンドグラスを製作することも可能ですよ。サンプルのご用意もございますので、実際にお手にとって質感や仕上がりをご確認いただけます。ステンドグラス風ガラスについて気になる点・ご不明な点などございましたら、お気軽にご連絡ください。
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)