階段と玄関の間仕切りに「ラインアート (セリアード)」を使用した事例 (東京都荒川区 H様)

階段と玄関の間仕切りに「ラインアート (セリアード)」を使用した事例 (東京都荒川区 H様)

  • 階段と玄関の間仕切りに使用した「ラインアート OG635」 (1)
  • 階段と玄関の間仕切りに使用した「ラインアート OG635」 (1)

今回ご紹介するのは、階段と玄関の間仕切りに「ラインアート OG635」を使用した事例です。住宅のリフォームをするということで、H様よりご注文いただきました。「ラインアート OG635」は、ヨーロピアンな模様のステンドグラスです。

間仕切りにステンドグラスを入れたことで、お家が一気にヨーロピアンな雰囲気に。開いたお花を思わせるような可愛らしく華やかな模様です。黒いラインのみでの描線なので、賑やかになりすぎず、あらゆる内装にマッチしてくれます。

表面に凹凸があり、視界を遮る型板ガラス「F4K」を使っているので、階段がぼやけて見えます。視界を遮りつつ、お家を明るく、広く見せてくれますね。

今回ご注文いただいた内容

「ラインアート OG635」図柄イメージ
品種 / 素板 ラインアート OG635 / F4K
形状 四角形
サイズ 横610mm × 縦1219mm
切断面の処理 糸面【C】(手が切れない程度の処理)
その他の加工 両面描線

「ラインアート OG635」について 詳しくはこちら

両面描線って?

両面描線と片面描線の比較画像

ステンドグラスの描線には、片面にのみ描線する「片面描線」と両面に描線する「両面描線」があり、ご注文時にご指定いただけます。今回のような「F4K」のガラスを使用した場合、ステンドグラスを裏側から見ると、描線の違いは左のお写真のようになります。両面をくっきりとした描線にしたい方は、「両面描線」がおすすめです。

「ラインアート」シリーズでお家をモダンに装飾!

いかがでしたでしょうか。今回は、玄関と階段の間仕切りに「ラインアート OG635」を使用した事例をご紹介しました。黒のラインのみが施されたシンプルなガラスなので、お家の内装の色味とも喧嘩せず馴染んでくれます。「ラインアート」のシリーズは、今回の「OG635」以外にも豊富な模様が揃えられています。「シルバー」「ゴールド」などにもラインの色が変えられるので、よりお家に合った色でご注文いただけます。ステンドグラス風のガラスで、お家の中をモダンでお洒落な雰囲気に変えてみませんか。気になった方はぜひ、他の種類も見てみてくださいね。お問い合わせお待ちしております。

他の描線の色もご覧いただけます!お気軽にお問合せください!
他の描線の色もご覧いただけます!お気軽にお問合せください!
受付時間:09:00~18:00 (毎週日曜日・祝日 定休)